スポンサーサイト

2018.05.01 Tuesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2つのキットを1つのACアダプタで使用する

    2013.10.15 Tuesday

    0

      >【完成品】  ジオラマLED照明(5個タイプ)
      >と「ジオラマ電飾12キット」を、
      >「ACアダプター」を使って点灯したいと思うのですができるでしょうか。


      2つのキットを1個のACアダプターでまとめたいという事であれば、
      次の様にします。(弊社ACアダプタセットを使用する場合)

      ⋅電源の容量は余裕がありますので問題ありません
      ⋅ACアダプターは5Vのものを使用し、
       それぞれのキットの電源(電池ボックスへの配線)の+−を間違えずに並列接続して下さい。
      ⋅弊社のACアダプターセットを使用する場合は、
       附属コードの極性に注意して下さい(+:黒 −:赤 と通常の逆になっています)。
       尚、この作業はケーブルの切り繋ぎ及びハンダ付けを伴いますのでご了承下さい。

      部品取り付けミスの対処法

      2013.10.15 Tuesday

      0

        >2和音 PICオルゴールキットを組み立て後、
        >安定化電源10Vで通電テストする際に極性を間違えました。
        >バシッ音がしました。
        >その後点検すると部品Q1も取り付け方向ミスってました。
        >もう一度買い直した方がよいでしょうか。


        10V電源で逆極性にした場合、残念ですが、

        ⋅三端子レギュレータ 78L05 はほぼ確実に壊れる
        ⋅多くの場合、PIC IC はセーフであるが、確実ではない
        ⋅Q1は状況次第

        三端子レギュレータを交換し、Q1を正しく付け直せば、
        修理出来る可能性が半分くらいの確立でありますが、
        最悪3つの部品交換という事になります。
        また、基板に損傷がなく、基板部品の取り外しが上手く出来るかどうかという事も、
        判断材料になるとおもいます。
        交換に必要な部品は全て別売しておりますので、
        レギュレータ交換に賭けるか、
        念のためキットをお求め直すか(或いは上記3部品を交換するか)は、
        お客様の方で判断をお願いします。

        オリジナルのPICメロディ音をオーダーメイドしたい

        2012.03.14 Wednesday

        0

          > アラーム音のメモリICを探しています。
          > 御社PIC_ICで下記組み合わせのアラーム音はございますか?
          > 無い場合、製作出来るでしょうか?

          > 電鈴音 プルルル
          > チャイム音 ピンポン
          > ブザー音 ブーブー
          > 呼出音(異常音) ピポピポ



          以下、弊社PICメロディIC(チャイム音) MK−S02 から

          電鈴音 プルルル
          −MPC1 C 位相変調音

          チャイム音 ピンポン
          −MPC3 B 2点ピンポン

          ブザー音 ブーブー
          −MPC2 C ブザー

          呼出音(異常音) ピポピポ
          現在 適当な音がございません。

          以上の音はいかがでしょうか。
          弊社販売ページ(なりきり発車ベルなど)から試聴してみて下さい。

          以下、特注メロディの規定ですが、チャイムも同様の扱いとします。
          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
          特別注文のメロディについてですが、1個から作成可能です。
          料金については、特注製作料として¥15000−掛かります。
          (特注専用型番が付きます)
          あとはIC単体又はキット商品の御購入により製作致します。
          (IC又はキットの価格は通常品と同等です)
          一度製作しますとリピートの場合は専用型番により通常品と同じ価格となります。

          製作の際はイメージ把握のため、楽譜又はテープ、CDなどを
          提供していただけるとイメージに近いものになると思います。
          作成したメロディのイメージを確認して頂きながら進めさせて頂く事になります。
          メロディの長さにもよりますが、入りきらない場合は
          一部を割愛させていただく場合もあります。
          (尚、弊社のメロディICの仕様上、2和音まで可能です)

          製作は通常2週間程度頂きます。
          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
          チャイムの場合、1ICにつき4種類となります。
          本ICは録音再生方式と違い、内部音源で合成しますので、
          必ずしも期待通りのイメージとならない場合もあり得ます。

          メロディのスピーカー音量を大きくする方法

          2012.02.08 Wednesday

          0

            PICメロディICを使った電子工作で、「もっと大きい音でメロディを流したい!」という時は、以下の方法をお試し下さい。


            【方法1】スピーカーを大きくする

            写真(左)の様なスピーカーは音量が小さくなりがちです。
            写真(右)の様なものを使用する方が音量は大きくなります。


            スピーカー(30mm)スピーカー(50〜100mm)
            径:30mm位径:50〜100mm


            【方法2】BOXに組み込む

            スピーカーを裸のまま使うと、音が響きません。
            写真(下)の様にBOXに入れて使うと同じスピーカーでも音が大きく、低音も出る様になります。

            スピーカーBOX


            【方法3】アンプを接続する

            方法1、方法2でも十分な音量が得られない時は、アンプに接続します。
            以下の様な回路で必要な音量が得られるアンプを接続して使用します。
            PICメロディICはPWMで波形が出ますので、LPFを通してからアンプに接続すると聞き易い音になります。

            アンプ接続回路図

            アンプ接続 部品セット

            ※注意

            アンプ電源は使用するアンプに合わせる事。
            GNDはPIC側のGNDにも接続する事。



            ■386アンプICを使用した回路例

            386アンプ接続回路図
            1